結婚式の準備

結婚式の準備

結婚式の準備

めでたく結婚が決まったお二人に心からの祝福を。
さて、法的には婚姻届が受理されれば夫婦となるように、一般的には結婚式を挙げれば夫婦とみなされます。婚姻届と結婚式、どちらが先という決まりはありませんが、結婚を控えた二人には、名実ともに夫婦となるために多くの準備が必要になります。ここで簡単に流れを見て行きましょう。

明星青春デリバリー

まずは何よりお互いの両親に挨拶が最初でしょうか。緊張した面持ちの彼氏と父親と、それを眺める彼女とその母親、なんて構図が目に浮かびますね。
めでたくお互いの両親からお許しが出たなら式場選びが始まります。予算や場所、イメージに合わせた式場探しは結婚情報雑誌や関連サイト、そして何より週末などに多く開かれるブライダルフェアへ足しげく通い、見積りなどで条件ごとの比較を行っていくものですが、ここでも主役となって引っ張っていくのは女性(新婦)であることがほとんどです。

続いて最近では行わない人も多くなった結納ですが、本来婚約の成立を意味する儀式です。当人同士の意識もさることながら、お互いのご両親が育った環境によって手順や考えも大きく異なります。行うか否かも含め、事前の準備と下調べは必要でしょう。あるいは食事会などが、結納の代替セレモニーとしての意味合いを含めることも多く、肩の力を抜きすぎて失敗することもあるので注意が必要です。特に席順や記念品など、会場となる場所がいわゆる結婚式場に併設されていれば問題ないのですが、ちょっと洒落たレストランなどで行う場合、店側が手順やしきたりを把握していない場合もあるので、事前にきちんと確認しましょう。

宅配弁当・デリバリー

さて結納やそれに代わる食事での顔合わせと平行して、ちょっとふたりのことに進めます。エンゲージリングやマリッジリング、さらには新居探しやそこで使う家具を選ぶなど、未来の結婚生活をイメージするイベントが続きます。そしてさらには結婚式で着る衣装や新婚旅行の予定など、結婚式そのものの内容をイメージしながら外堀を埋める工程が続くわけです。

仙台 仕出し

結婚式の3ヶ月前ともなると、招待状の発送や、式と披露宴の詳細を詰めていくことになります。マリッジブルーなどが起こるのも、多くはこの時期と言われています。そしてついに結婚式直前、必要なのは心の準備だけといったところでしょうか。
以上簡単な流れを見てきました。みなさんがしっかりと準備をして臨めば、誰よりも素敵な結婚式を挙げることができるはずですよね。